ハイウェイテクノフェア

ハイウェイテクノフェアは、公益活動の一環として2004年に開始して以来、2021年で17回目の開催となります。 「高速道路の建設・管理技術」に焦点をあてた展示会として、産業界のみならず社会にも広く認められたイベントとして発展してきており、 2016年には来場者が2万人を突破し、出展者も年々増加傾向にあります。

ハイウェイテクノフェア2021 開催について(令和3年9月10日更新)

令和3年9月10日現在では、リアル開催(※)する予定です。

ただし、緊急事態宣言が令和3年9月30日から再延長となることが政府から発令され、リアル開催日(10月6日・7日)が含まれる場合は中止します。
リアル開催を中止する場合は、本ホームページにて公表します。

※リアル開催とは、東京ビッグサイト西3・4ホール、屋上展示場での開催をさします。

開催趣旨

高速道路の建設・管理技術の普及や活用を促進するとともに、高速道路事業について広くお客様や社会の理解を得ることを目的に開催し、次の様々な機会を提供する。

  • 道路建設管理の最先端技術・工法の情報発信収集
  • 開発技術等の情報発信
  • 高速道路事業やトピックスを伝える情報発信

ハイウェイテクノフェア2021(リアル開催・WEB開催)

233×85.png

ハイウェイテクノフェア2021を次のとおり開催します

※(リアル開催・WEB開催)来場にあたり下記の事前登録を行ってください。


開催期間

 [リアル開催] 2021年10月6日(水)・7日(木) 10:00~17:00

 [WEB開催] 2021年10月6日(水)~20日(水)

開催場所

  東京ビッグサイト 西3・4ホール、屋上展示場

 (東京都江東区有明3丁目11−1)→アクセス

講演会概要

【開催日時】 2021年10月7日(木) 13:30~15:00(90分)

【会  場】 東京ビッグサイト レセプションホールA

【講  師】 中野 公彦 氏           
【講  師】 東京大学生産技術研究所 教授 博士(工学)

【演  題】 自動運転・運転支援に関する研究の現状と今後の展望 

講演会は定員に達しましたので、事前受付を終了しました

主催・共催・後援

主催
公益財団法人 高速道路調査会
共催

東日本高速道路(株)、中日本高速道路(株)、西日本高速道路(株)

後援

国土交通省、公益社団法人 土木学会、公益社団法人 地盤工学会、

公益社団法人 プレストレストコンクリート工学会、公益社団法人 日本コンクリート工学会

出展のご案内

ハイウェイテクノフェア2021 出展のご案内は下記のとおりです。

ハイウェイテクノフェア今後の開催予定

 2022年以降の開催日程につきましては決定後、順次お知らせします。