一般講習会

令和4年度 高速道路の交通安全に関する講習会

受付終了

受付終了しました。

 本講習会は、高速道路の交通に携わる方を対象に、高速道路の交通安全対策を主に、多方面からの現状、課題および取組み等について、学識経験者や専門技術者に講義をしていただきます。 

 なお、本講習会は下記団体のCPD認定プログラムです。

  1. (公社)土木学会【CPD単位:5.9】
  2. (一社)建設コンサルタンツ協会【CPD単位:5.66】
  3. (一社)交通工学研究会TPO/TOE【CPD単位=CPD(1)×時間数(H)】

 

開催概要

開催日時

令和4年12月14日(水)

10:25~17:40

開催場所

公益財団法人高速道路調査会

〒106-0047 東京都港区南麻布二丁目11番10号 OJビル 2階

◎交通案内
・東京メトロ 南北線・都営三田線「白金高輪」駅 4番出口より徒歩8分
・品川駅から都営バス[反96・品97]にて「古川橋」下車徒歩2分

定員

20名 定員に達した場合には締め切らせていただきます。

対象者

高速道路の交通に携わられている方(実務経験2年以上)、従事予定の方、あるいは交通に興味のある方(入社5年程度以上)

締切日
1) 受講を希望される方は、令和4年11月22日(火)迄 にまず電話で予約(受付時間:平日9:30~17:00)をした後、本ページの申込みボタンをクリックして、正式にお申込み下さい。
2) 参加申込書到着後、受講料振込用紙・受講票を送付いたします。振込は12月7日(水)までにお願いします。
受講料

一般:37,400円
賛助会員:33,660円

(キャンセル料金等のお取り扱い)

1)

令和4年11月30日(水) の正午までにお申し出の場合
キャンセル料金は無料です。受講料振込済みの場合は、振込手数料を差し引いて払戻しいたします。

2) 上記以降にお申し出の場合あるいは、当日ご欠席の場合
受講料全額を申し受けます。

その他

1) 講習会の請求書・領収書は発行いたしません。振込金受取書をもって領収書にかえさせていただきます。
2) 受講者の方は講習会当日、受講票を必ずご持参ください。
3) 昼食の手配はご自身でお願いします。
4) 受付時に体温測定(非接触型体温計使用)を実施します。出入り口に設置の消毒液にて手指を消毒のうえ、講習会場に入室してください。
5) 受講当日に37.5度以上の発熱、せきや喉の痛みなどがあり、体調がすぐれない方のご受講をお断りします。
6) 受講時は、一時的な水分補給時を除き、常にマスクの着用をお願いします。
7) 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止または延期する場合があります。随時、情報の確認をお願いします。

スケジュール

内容 時間 講師
【 12月14日(水) 】
オリエンテーション/開講挨拶
10:25~10:30 (公財)高速道路調査会
ITSと自動運転がもたらす近未来社会と高速道路の交通マネジメント
10:30~12:00 東京大学
生産技術研究所
次世代モビリティー研究センター
センター長・教授 大口 敬 氏
高速道路の工事規制区間における交通安全対策
13:00~14:20 (株)高速道路総合技術研究所
交通環境研究部
交通研究担当部長  邢 健 氏
高齢ドライバーの認知機能低下と交通安全
~現状の課題と今後の対策~
14:30~16:00 慶應義塾大学
医学部 精神神経科学教室
教授 三村 將 氏
高速道路における交通事故等に関する調査分析事例について
16:10~17:30 (公財)交通事故総合分析センター
研究部 次長 自動運転グループ次長 
兼 研究第二課長 箕作 光一 氏
連絡事項/閉講挨拶
17:30~17:40 (公財)高速道路調査会

※カリキュラム内容は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

※後日、受講票および講習会カリキュラム等を各社講習会担当窓口へ送付させていただきます。