機関誌『高速道路と自動車』 最新号表紙
 最新号の目次
刊行物
 取り扱い一覧
賛助会員
ご賛同いただいた賛助会員の皆様に
支えられています
加入のご案内
講習会
一般講習会 保全安全管理講習会
現場監理講習会 研修
高速道路点検診断資格
資格試験 資格登録
ハイウェイテクノフェア
ご案内 開催状況
講演会・発表会
講演会 研究発表会
助成・表彰
留学助成支援 研究助成制度
「道路と交通論文賞」
海外高速道路情報
調査報告・発表資料 月間情報
新技術電子カタログ
カタログ情報

ホーム > 事業内容 > 情報提供事業 > 講演会 > 平成29年度高速道路調査会講演会(東京)

平成29年度高速道路調査会講演会(東京)

開催終了致しました。多数のご参加ありがとうございました。
 国内外の高速道路などに関する知識の普及、啓発ならびに高速道路事業への理解促進を目的に、時事的な話題や最新の経済的・技術的動向を取り上げ講演会を開催いたします。
 開催概要は下記のとおりとなります。多数のご参加をお待ちしております。
 なお、本講演会は土木学会認定CPDプログラムです。

募集要領

日 時
平成29年6月30日(金)13:00~16:25
場 所
全日通霞が関ビル 8階大会議室
東京都千代田区霞が関3丁目3−3
定 員250名 (定員になりましたら締め切らせて頂きます。)
締 切平成29年6月23日(金)

プログラム

内 容時 間講 師
開会挨拶13:00~13:05公益財団法人高速道路調査会
 副理事長 長尾 哲
【 第1部 】
「ビッグデータとIoT、人工知能が描く未来」13:05~14:25国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
 准教授 主任研究員 博士(工学)
  中西 崇文 氏
「ビッグデータ」という言葉が広く浸透しつつある。ビッグデータは、単なる既存業務の効率化を実現するだけでなく、我々にこれまで気づかなかったインサイトを与えてくれる。これによって、新たなビジネスチャンスを得るだけでなく、これまでになかったビジネスモデルをも創造するきっかけとなる。さらに、「ビッグデータ」だけでなく、IoT(Internet of Things)や人工知能の諸要素が組み合わさることにより、自律・分散・協調をキーワードとする新たな時代に突入しつつある。本講演では、「ビッグデータ」を中心とした、最近の事例をご紹介しながら、「ビッグデータ」、「IoT」、「人工知能」によって、今後創り出される、新たな未来の形について考えていく。
質疑応答14:25~14:35 
休  憩14:35~14:50 
【 第2部 】
「災害現場対応力の向上-効果的な災害復旧を実現するために-」14:50~16:10国立研究開発法人 防災科学技術研究所
 理事長  林 春男 氏
高速道路はさまざまなリスクに取り巻かれている。すべてのリスクをゼロにできれば理想だが、必要となるコストを考えると実現不可能である。言い換えれば、時として災害は発生すると覚悟しなければならない。災害を予測し、予防するにはリスクのもととなる原因ごとの究明が必要となる。しかし災害発生後の対応は、どのような原因で災害が発生しても基本的には同じであり、世界には災害対応のディファクトスタンダードが存在している。本講演では、効果的な災害対応を実現するために、高速道路関係者が持つべき災害対応力について紹介する。
質疑応答16:10~16:20 
閉会挨拶16:20~16:25公益財団法人高速道路調査会
 常務理事 川井田 実

聴講料

一  般1,000円
会  員
(賛助・フェロー)
無 料
(当日受付にてお支払ください)

申込方法

開催終了致しました。多数のご参加ありがとうございました。
◆ 問合せ先 ◆
〒106-0047 東京都港区南麻布二丁目11番10号 OJビル 2階
公益財団法人 高速道路調査会 事業部 共創事業課
TEL:03-6436-2090 FAX:03-6436-2098