印刷用ページ
【10月27日(木)】
ハイウェイテクノフェア2011 出展者による製品紹介
No.時間件 名会社名
1 11:00

11:15
延長床版システムプレキャスト工法

橋梁の床版を延長し、伸縮装置を土工部に移動させた橋の桁端遊間部の騒音・振動を抑える技術です。東日本大震災において、本工法採用橋梁箇所は、舗装段差抑制に効果があることが確認されました。
株式会社ガイアートT・K
2 11:30

11:45
放電破砕工法について

電気の力を活用して岩盤やコンクリート等を破砕する非発破工法。ブレーカ工法のような連続騒音や粉塵が発生せず、火薬類取締法による規制を受けないので市街地でも施工容易。
日立造船株式会社
3 12:00

12:15
再帰反射性を有する歩車道境界プロック「フラッシュサイン」

側面にフルカラーの再帰反射文字や図柄を有する歩車道境界ブロックで、地域名や道路名表示等の情報と視線誘導の機能を併せ持つ。その製造には特別な装置は不要で従来のコンクリート用金型をそのまま使用できる。
株式会社小松プロセス
4 12:30

12:45
土留め構造物用等辺角形プレストレストコンクリートパイル「PC-壁体」

角形断面のパイルを連続して壁状に設置することで、壁高9m程度までの道路擁壁や河川護岸等の自立式壁体構造物を大規模な仮設を必要とせず、最小用地幅で短工期、経済的に構築することができます。
PC-壁体工業会
5 13:00

13:15
道路のアセットマネジメントを考慮した新材料・新工法の提案

コンクリート橋梁をはじめとする供用前・供用後、劣化進行する前に予防保全を行うことで長寿命化を実現するアセットマネジメントを考慮した新材料・新技術の提案。
株式会社ダイフレックス
6 13:30

13:45
ニチレキの修繕工法

環境に配慮した舗装としてCO2の排出抑制やリサイクルに寄与し、現位置で路盤の強化を図る路上路盤再生工法(アスファルト乳剤・セメント安定処理)について紹介いたします。
ニチレキ株式会社
7 14:00

14:15
FRP橋梁検査路の安全性について

検査路死荷重を軽減する軽量性、鋼材並みの高強度、凍結防止剤等塩害への高耐食性、人力施工による架設の短縮等の利点から橋梁検査路への適用が増え、作業時のFRP検査路の安全性についての検証結果について説明。
ヒロセ株式会社
8 14:30

14:45
高指向性LED照明器具「ホロライト」の道路応用

本照明器具の最大の特長は高い指向特性であり、周囲に光を漏らさず必要な領域のみをスポット的に照明できます。本発表ではホロライトを用いた道路応用についてご提案します。
パイフォトニクス株式会社
9 15:00

15:15
高耐久性・高安定性アスファルト混合物「HSアスコン」

一般的なアスファルト混合物と同様の施工が可能でありながら、半たわみ性舗装やエポキシアスファルト舗装に匹敵する耐久性を発揮する高耐久性・高安定性アスファルト混合物「HSアスコン」について紹介します。
東亜道路工業株式会社
10 15:30

16:15
工事用仮設ライン材及び路面補修材のご紹介

工事期間中に一定期間使用する仮設ラインテープと、路面の簡易補修、ジョイント部の段差修正やスリップ防止に活用できる補修材をご紹介いたします。

全天候型路面標示材

これまで課題であった夜間雨天時の路面標示の視認性を向上することができる、「全天候型路面標示材」をご紹介いたします。
住友スリーエム株式会社

【10月28日(金)】
ハイウェイテクノフェア2011 出展者による製品紹介
No.時間件 名会社名
1 11:00

11:15
飛散防止剤「SNAO]

SNAO(スナオ)は自然にやさしい防塵・融雪剤です。防塵剤として使用する場合は、土ぼこりの立つ場所に、融雪剤としての場合は高速道路などに使用して凍結を防ぎ、追突防止やスリップ事故などを防ぎます。
アースアイプラッツ株式会社
2 11:30

11:45
総合管理システムのご案内

高速道路業務のバックオフィス系業務(人事、勤怠、契約、作業管理、収支管理)をワークフローで一元管理可能なERPパッケージをご提供します。機能の選択と従量制により、業務効率とコストの最適化を実現しています。
株式会社NEXCOシステムズ
3 12:30

12:45
トンネル消火配管アクアレックス

アクアレックスはトンネル消火配管用の繊維補強ポリエチレン管です。高耐圧性、耐食性があり、施工性も良好です。埋設配管の他、明かり部などの露出配管にも適用可能であり、新東名高速道路への納入実績があります。
古河電気工業株式会社
4 13:00

13:15
リアルタイム動画モバイル配信システムの活用

持ち歩き可能なシステムで、通常のビデオカメラ撮影による動画を配信し、遠隔からモニタリングできます。道路管理現場からの配信、講習会の配信等、多様な場面での活用方法をご提案させていただきます。
株式会社福山コンサルタント
5 13:30

13:45
放電破砕工法について

電気の力を活用して岩盤やコンクリート等を破砕する非発破工法。ブレーカ工法のような連続騒音や粉塵が発生せず、火薬類取締法による規制を受けないので市街地でも施工容易。
日立造船株式会社
6 14:00

14:15
「ヴァイサラ道路気象製品のご紹介」~路面状態の正確な測定に~

ヴァイサラは路面凍結などの危険な道路表面の状況を正確に検知する気象観測装置や路面の状態予測のアプリケーション、サーマルマッピングによる路面プロファイリングなどの先進的なシステムのご紹介を行います。
ヴァイサラ株式会社
7 14:30

14:45
アスファルトの再加熱工法「ストリートプリント」

アスファルトは数々の優れた長所を誇る舗装材ですが「劣化しやすい」「見た目が貧弱」という難点が付きもの。しかしストリートプリントを用いれば見た目が美しく耐久性に優れた舗装が実現します。
トミナガコーポレーション株式会社
8 15:00

15:15
今後増加する老朽化のり面の対策技術『ニューレスプ工法』

経年劣化により、老朽化吹付のり面は増加し続けており、今後その対策が喫緊の課題となります。
既設吹付面を剥ぎ取らずに、老朽化吹付のり面の機能を効率的・経済的に向上させる『ニューレスプ工法』を提案します。
日特建設株式会社
9 15:30

15:45
トンネル消火配管アクアレックス

アクアレックスはトンネル消火配管用の繊維補強ポリエチレン管です。高耐圧性、耐食性があり、施工性も良好です。埋設配管の他、明かり部などの露出配管にも適用可能であり、新東名高速道路への納入実績があります。
古河電気工業株式会社
10 16:00

16:15
雷害に対する設備保護

近年増加傾向にある雷による設備被害に対して、雷害対策の考え方、対策機器(SPD)の選定基準と設置方法、対策事例について説明します。また最新のSPDの性能、機能を紹介します。
株式会社昭電

〔お問合せ先〕EHRF 財団法人高速道路調査会 事業部 共創事業課 TEL:03-6436-2090 FAX:03-6436-2098
Copyright © EXPRESS HIGHWAY RESEARCH FOUNDATION OF JAPAN. All Rights Reserved.
NEXCO西日本(西日本高速道路株式会社)NEXCO中日本(中日本高速道路株式会社)NEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)EHRF 財団法人高速道路調査会